不規則でバランスの悪い食生活が原因で肌荒れ

私の人生の中でもっとも肌の状態が荒れていたときというのは、今から十数年前のまだ二十代のころのことです。私は二十歳すぎに結婚をして、それ以前は食事は母に全て作ってもらっていたのが、初めて自炊をすることとなりました。そうして結婚後はそれまで料理などしたことがなかったので栄養バランスなど何も考えずに、ただ自分が食べたいと思うものを作ってしまうことが多く、ものすごく偏った食生活になっていました。おまけに三食決まった時間に食べるということもなく、今思えば極端に不規則な食生活となっていました。
そうしてしばらくそういった食生活が続き、二十五歳のころ突然肌がものすごく荒れ初めてきたのです。バランスの悪い食生活が肌に影響を与えるのはその時すぐではなく、数年後遅れて肌に影響が現れるらしいのですが、まさに私の場合もそうでした。二十五歳の当時はもう子どもも生まれていて、栄養バランスを考えた食生活をしていたのですが、二十歳のころの食生活がその時になって響いてきたのです。
またちょうど二十五歳の頃に引越しをして、それ以前とは環境が変わったということもあって、それが知らず知らずにストレスともなっていたのだと思います。そんなストレスと遅れてやってきた食生活の影響で吹き出物があちこちにでき、それが治ったと思ったら今度はシミやくすみとなって残ってしまうという結果になってしまいました。
とくに頬の辺りに多く吹き出物ができていたのですが、その時美容関係の仕事をしている知人に、頬にできる吹き出物はストレスからくることが多いと指摘されたこともあります。そんな風に他人からも心配されてしまうほど肌が荒れていたのです。
もちろんすぐにスキンケアや荒れた肌の対策は行ないましたが、それ以上ひどくなることはなくても改善にはとても時間がかかりました。その時には数年前の偏った食生活をしていた時期を思い出し、すごく後悔をしたのですがいくら公開をしても後の祭りです。吹き出物やニキビなどができて、しばらくは外出することさえ嫌になったほどだったので、本当に悩みました。
そしてスキンケアだけではなくもう一度食生活や普段の生活習慣を見直し、あらためて体に良い習慣を身につけなくてはいけないなと感じたのです。それからはより食生活はバランスよくといったことを心がけるようになり、今では肌がひどく荒れてしまうことはなくなりましたが、当時の名残であるシミやくすみは残ってしまいました。

ニキビケアおすすめランキング

化粧を初めてボロボロになった20歳の肌

20歳で就職すると、まず初任給でデパートの化粧品メーカーのカウンターへ行きました。
それまではニキビはできていたものの、乾燥も特に感じなかったので、すっぴんで過ごしていましたが、社会人になって周囲の同僚や先輩たちが綺麗にお化粧しているのを垣間見て、このままではまずいと一念発起してお財布を握りしめました。
どこのメーカーにしようか散々迷った末、とりあえず入り口に一番近かった大手のカウンターに勇気を出して声をかけました。
美しい美容部員さんに早速肌の状態をチェックしてもらうと、私の肌は年齢よりも遥かに肌年齢が高く、このままでは手遅れになるので、肌年齢に合った化粧品で一刻も早くスキンケアをするべきと言われ、30代用のスキンケアとベースメイク一式を数万円で購入しました。
今まで貧乏学生だったので、スーパーなどで数百円で売られている洗顔フォームしか使ったことが無かったのに、その日から1本数千円の洗顔フォームで顔を洗うことになりました。
1か月続けてみて、肌は相変わらずニキビがあるし、何だかどんどんオイリーになって、毛穴が目立ってきているようにも感じていました。
しかし、カウンターに行けば肌チェックを受け、「肌理が整いつつあるのでもう少しの辛抱です」と美容部員さんに言われるので、その言葉を信じて数万円の化粧品一式を使い続けました。
夏も終わり半年程経った頃、顔中にニキビが広がり、膿が出るようになりました。痛いし見た目にも酷い状態だったので、思い切って皮膚科を受診すると、30代用の化粧品で油分を過剰に与えすぎたため、ニキビが悪化しているとのことで、スキンケアを見直すよう言われました。
綺麗になれると信じて新入社員の少ないお給料をやりくりして化粧品代を捻出してきたのに、とてもショックでした。そして、その日から乳液の量を減らしてその化粧品を使い切ると、今度は美容雑誌や友人の口コミを元に、様々な化粧品を試し始めました。
今度は年齢を重ねた人用ではない、ニキビ肌用の化粧品に焦点を絞り、雑誌でいいと読めば試し、友人の肌が綺麗になっていたら、何を使っているのか聞いて、片っ端から化粧品を購入しました。
結局ベタベタの膿を持ったニキビは治りましたが、相変わらずニキビは出来続け、オイリーな状態は変わりませんでした。
安い物から高価なものまで様々なものを試したけれど、一向に治らず、綺麗な肌はどんどん遠ざかるばかりです。
気が付けば過剰な皮脂でベタベタにも関わらず、内側の潤いが足りないインナードライと言われる状態になってしまい、ニキビ以外は悩みが無かった肌は20歳にして悩みの尽きないトラブル肌になってしまいました。

保湿化粧品

私の元彼はとても毛深く熊のようでした

私の前の彼氏はとても毛深かったのです。手や足はもちろんのこと、胸毛と背中にもまで毛がボサボサに生えていました。
彼の体を触っていると、たまに人間の体を触っているのは思えないほどでした。まるで熊を触っているような感覚に襲われました。冬場はとても暖かく、心地いいのですが、夏場になると最悪です。彼は毛深いうえに異常なまでに汗をかくのです。その汗が毛を伝わって、毛がびっしょびしょになるのです。ひどい時にはTシャツが汗でぬれてしまい、Tシャツから肌が透けて見えるのですが、気になるのは肌よりも、Tシャツにぺとぺととくっつくのを見るのが凄く嫌でした。
私はそんな彼を友だちに紹介するのが恥ずかしかったので、友だちには彼氏がいることを内緒にしていたくらいです。
彼にある日私はこう言いました。「そんなに毛深くて恥ずかしくないの?そんなんだったら私なら全身脱毛するよ」と言い放ったのです。すると、彼は全身脱毛するくらいなら死んだ方がマシだと言ってきたのです。衝撃でした。彼は毛深いことを全くコンプレックスに思っていなかったのです。むしろ毛深いことを自分の個性ととらえていました。
でも夏場の彼は本当に見苦しかったし、肌に触れるのも嫌でした。しかも毛が濃いせいで、汗が蒸れてしまい、独特のにおいを発していたのです。彼はにおいには気を使っていて、全身の毛はオーガニックシャンプーを使って洗っていました。それでも夏場の汗には勝てません。オーガニックシャンプーのハーブのにおいと汗のにおいが入り混じって、これがなんとも臭いのです。
私自身も実は毛が濃いので、両脇と、腕、足にかんしては永久脱毛をしました。施術は少し痛かったですが、本当にやってよかったと思いますし、それを彼にも勧めたのですが、彼には頑なに断られてしまいました。
彼とは毛のこととは関係なく、性格の不一致で結果的にはお別れしてしまいましたが、あれだけ毛が濃いと今後彼女を作るのは難しいと思います。

【顔脱毛の料金・効果ガイド】イチ子とトマ美による顔脱毛ツルツル計画

指しゃぶり

今だから言える話のひとつなのですが、わたしは小学四年生くらいまで、指しゃぶりをやめられませんでした。
「しゃぶりだこ」という言葉が、全国的に通用する言葉なのか、わたしの家族内だけでしか通じない言葉なのかはわからないのですが、わたしの左手の親指には、今も、わたしたち家族が「しゃぶりだこ」と呼んでいるたこが、うっすら残っています。その「しゃぶりだこ」を見るたびに、「この指には一番お世話になったな」と思います。
小学四年生のときに、「グリーンスクール」と呼ばれる、小学校に上がってから初めてのお泊まり学習があったのです。
「小学四年生で指しゃぶり」は、「小学四年生で指しゃぶり!」と言われてしまうでしょう。優しい友達は、言わないでいてくれたとしても、少なくとも思ってはしまうでしょう。
指しゃぶりは寝ているときにしてしまうので、自分の意思でどうにもできないからこわかったのです。
恐怖の夜が明けましたが「わたし指しゃぶりしてた?」なんて聞けません。そしたら友達に、「昨日、親指あごに当てて寝てたよ。」と笑われたのです。文章では表しづらいのですが、バレてない、疑われてもいない、そんなニュアンスでした。と、思いたいだけかもしれませんが。
ということで、わたしは周りの友達に、わたしが指しゃぶりをやめられないことをバレないようにバレないようにしてきたのです。
小学三年生に進級するのと同時に、わたしたち家族は引っ越しをしました。前の家から次の家まで、電車に乗る距離ではありましたが、同じ市内への引っ越しだったので、病院は変えませんでした。
引っ越して数ヶ月経ってから、お母さんがお兄ちゃんを皮膚科に連れて行くときに、わたしもついて行きました。そこは、わたしの指しゃぶりの件でもお世話になっている皮膚科でした。
待合室で待っていると、ガラガラと病院のドアが開きました。入って来たのは偶然にも、わたしが通っていた小学校で、放課後、毎日一緒に遊んでいた友達と、彼女のお母さんでした。久々ではないけれど「転校」という事実が挟まると、すごく懐かしい友達に思えて、会えたことを嬉しく思いました。
ふたりで放課後遊んでいたときのように楽しく過ごしていたのですが、お兄ちゃんの名前が呼ばれたので、彼女に手を振り、お兄ちゃんとお母さんと診察室へ入りました。
先生は気さくな女医さんで、わたしの顔を見るなり、確実に外に漏れる大きな声で、「あらー◯◯ちゃん!指しゃぶりやめられたー?」と聞いてきたのでした。
そのあと友達に、どんな顔して会ったのか、会ったことすら覚えていません。
皮膚科にはレーザー脱毛目的で通っている女性も最近はけっこういらっしゃるみたいですね。
《最新版》医療レーザー脱毛ランキング※料金・痛みについても徹底解説

小銭持たずにどけち生活

私は家族や友人に何回もお金を借りています。
基本的に多額の金銭のやり取りはしません。
なぜなら、大きな金額を借りるのには一苦労ですし、相手も出し渋りますから。
私は基本的に財布に現金を入れていません。
全てカード払いです。
カード払いと聞くと、今どきの若い子たちはかっこいいと思うみたいですが、
私の中ではどけちの賜物です。
友達と遊びに行った時、コンビニとかに立ち寄って、現金がないから貸してとすぐ言っちゃいます。
あとで返すからなんて言っておけば、100円200円をけちるような友達はいません。
その借りたジュース代をあとで返す保証はありません。
逆に友達から、喉かわいたとかタバコ吸いたいなどと、
自動販売機の前で駄々をこねられた時も、カードしか持っていなかったらとても断りやすいです。
今現金持ってないんだと言えばいいわけです。
パチンコに行っても1000円ぐらいすぐ貸してもらいます。
勝ったら返すからなんて言ってそのまま借りっぱなしです。
相手も少額のお金なら全然覚えていません。
親から生活費をもらう時も、基本的には後で返すと言ってから借ります。
もちろん借りる時は当然返す気があるのですが、
借りたこと自体を忘れていることも多々あります。
親も実際、返ってこないこと前提で私にお小遣いをくれているのでしょう。
この前、キャバ嬢に貢ぐだけ貢いだ時はかなり焦りました。
カードローンも使いましたし、最悪ある程度のお金ならまた誰かに借りて返せばいいと思っていました。
私から絞れるだけ絞ったキャバ嬢は、あっという間に私の前からいなくなり、
私には借金だけが残りました。
100万円はいかないにしても、ほぼそれに近い残高まで膨れ上がった借金を、
一気に返済する資力など私にはありませんでした。
困ったあげく、家族やら友達やらに相談するも、
日頃の行いが悪すぎたせいもあり、
一切取り繕ってもらえませんでした。
しかし、返済日だけは待ってくれません。
私は親に再度お願いをしました。
私の必死な形相に、親も、情けないという感情が湧いていたことでしょう。
最終的には、親の定期を取り崩して私に返済のためのお金を貸してくれました。
私はこの件で、もともと0に等しい私への信頼が0になったことを実感しました。
今では、僅かばかりではありますが、毎月給料の中から親に一定の金額を返しています。
迷惑をかけたこと、そして、何より私を信頼してくれたことに、改めて感謝をし、
借りた金額の倍の金額を返そうと、日々朝から晩まで働いています。
もう二度と、信頼を失いたくはないという一心が、私を動かしてくれているように思います。
ちなみに、お金の相談をしに行った当時の友達は一人残らず私から離れていきました。

キャッシング

イオンのネットスーパーを利用していました

イオンネットスーパーを以前利用していました。近所のスーパーが改装するまで閉店していたので、その時に使用していました。
他のネットスーパーと比べて送料が安かったので選びました。しかし最近送料が値上げしたようで、他のネットスーパーと同じくらいの送料になってしまいました。
買い物のしやすさは、慣れればすぐに商品を見つけられて買うことができるのですが、慣れるまでは少し苦労しました。
商品がたくさんあるので、ネットの画面で自分の欲しい物を探すのは難しいです。
同じような商品もたくさんあるので、その中からきちんと自分の求めている物を探すのは大変です。
商品の画像はクリックすれば大きくはっきりした物が見られるので、それは困りませんでした。
お得な商品もわかり安く表示されていたので、よく購入していました。ただお得商品はやはり人気なのか、購入してから欠品だと言われる事もありました。
購入してから欠品の連絡が電話でくるのですが、その電話も丁寧で安心できました。
商品が欠品した時の代替え品もたいがい用意してもらえて、それもきちんと納得できるものが多かったです。

商品を配送してくれる人も、手早く丁寧な人が多くて安心でした。ただ常温で良いものと冷凍のものをしっかり分けているにも関わらず、
冷凍のものがあまり冷えていない時もありました。あれは、配送時間によるのかもしれません。
また商品が壊れているという事も全くありませんでした。商品の取り扱いは丁寧で良かったです。

一つこれから改善してほしいなと思った事は、商品の表示で賞味期限をつけてほしいと言う事です。
生鮮食料品はいちいち賞味期限を表示するのは面倒だとは思いますが、
特に暑い時期は賞味期限が気になるので、できるだけ表示してほしいなと思いました。
ただ生鮮食料品は、持ってきてもらった物は全てとても新鮮で、賞味期限はとても長いものが多かったです。
配送センターから直接持ってきてくれているようで、商品の鮮度には自信があったのかもしれません。
それでも賞味期限の表示は欲しいなと思いました。
また同じように、商品の表示をもう少し詳しく書いて欲しいなと感じる事もありました。
例えば食料品の生産地や生産した人など。直接スーパーで買う時には商品の表示を確認できるので良いのですが、
ネットスーパーだと画面でしか確認できないので、そういった細かい商品の表示をして欲しいです。
もしくは撮影を商品の裏面までして、それを載せてほしいなと感じました。

今話題の食材宅配サービスを欲張り主婦がメッタ斬り!【食材宅配体験記】

女性にとって髪は命

薄毛となると男性以上に悩んでいるのはやはり女性ではないでしょうか。
女性にとって髪はとても大事なもので女性の命と言っても過言ではありません。
美容院はもちろん、自宅でも美容院で購入したシャンプーなどを使い、キチンとケアをしている人はとても多いです。
男性であれば、髪が少し薄くなったなあ~くらいで済む場合も多いですが、女性であればそんな簡単な話ではありません。
若いころはあった綺麗な髪も加齢と共に少なくなるものですし、何より毎日どんな生活をしているかで気づいたら薄毛になってしまったということも良くある話です。
やはりちょっとした仕事上のストレスが原因で髪が薄毛になることも少なくないのです。
私の叔母もストレスがきっかけで薄毛になってしまいました。
最初の頃は抜け毛が多いな~とは思っていたものの、仕事が忙しかったので、あまり気にせず仕事を続けていたようでした。
叔母は子育てをしながらも育児もしていたということもあり、きっと自分のことを気にする余裕もあまりなかったのだろうなあと思います。
気付いたときには微妙に周りも気付くのではないかという状態になっていました。
叔母がまず駆け込んだのが皮膚科でした。
皮膚科へ1年程通い治療をしたものの、効果は全くなく、とある有名な育毛サロンに通うことになりました。
育毛サロンと並行して、髪に良いと言われているものは何でも試し、毎日の食生活や生活の仕方を見直し、努力をしていたようです。
でも全くと言っていいほど効果がなく、病院でももう何をやっても難しいだろうと言われたようでした。
暫くはショックを受けていたようでしたが、ショックを受けても何も始まらないからと最近は笑い飛ばしている明るい叔母です。
その大きなきっかけはやはり、女性用のウィッグを買ったということで、お出かけの時にも気にしなくなったみたいです。
ウィッグといっても最近のウィッグは高性能なものが多いので、自分の好きな髪形にするのも簡単ですし、いくつか持っていれば気分次第で全く違う髪形にもなれるというのが叔母の女心をくすぐったようでした。
普段はあまりウィッグはつけず帽子をつけ、ここぞという時だけ叔母はウィッグを付け女性を楽しんでいるみたいです。
そのため、基本的にほとんど家でご飯を食べることが多く、外食は帽子を脱がないといけないからという理由でご飯を食べには行きたがらないです。
特に焼肉なんかは匂いが帽子につくこともあり、絶対に行ってくれないですね。

育毛剤

小学校1年生の頃から眼科通いは、ある意味パラダイスでした

小学校入学と同時に眼科へ通っていました。

どうやら入学する前の身体測定で視力の悪さが判明したらしく、月に1度学校を午後から早退して眼科へ通うことになったのですが、我が家は大都会の東京からすると西の果てにあるド田舎なため、眼科は近所になかったので、1時間ほどバスに揺られながら眼科へ通っていたのですが、私の中では眼科はおまけで、本命は眼科の少し先にあったアーケード商店街へ行くことだったのです。

我が田舎では、なかなか市内へ行くこともなく子供にとってはまるディズニーランドのごとく、夢のアーケード街だったのです。

眼科へ行くと、予約を入れているにもかかわらず1~2時間待たされるのは当たり前でしたので、動き回りたいのを我慢して待ったのち、目にドライヤーのような形で奥に赤い光のあるマシンを当て、先生に目を見てもらうなどの作業をじっと絶えて、ようやく病院の前を出ると、毎回母親に「アーケードに行こうよ」とおねだりをしてみるのです。

6回のうち1回しか願いは聞き入れられず、大抵は近所にある雑貨屋さんで売っているお菓子の量り売りでごまかされていましたが、このオアシスのような時間は小学校4年になる頃突然終わりを告げました。

何も考えず、いつも通りに病院へ行くと、

「もうこれ以上の視力の回復は望めないので、メガネをかけましょう」

先生からそう言われ、愕然としました。

当時の私はメガネをかっこ悪いものと認定していましたし、周囲の子供でメガネをかけている子がいなかったので、からかわれると本能的に思ってしまいました。

いつもは楽しいはずのアーケード内にあるメガネ屋を紹介され、仕方なく作ったメガネは、子供の私もドン引きするくらいの厚いレンズのメガネで、こんなのかけて勉強したくないという恐怖感から、一応学校にはメガネ持参で行くものの、学校では数回しかかけることがありませんでした。

メガネが大嫌いになった私は、それからというもの席はいつも一番前で、席替えなんて全く関係のない人になってしまったのです。

とは言っても、一番前というのは案外先生かた注意されることの少ないポジションなので、結構ラクだったことを覚えています。

そして月日は流れ、小学校3年生で終止符を打った眼科通いから数えて十数年後、今度は運転免許を取るためにコンタクトを作ることとなり、久しぶりに眼科へ行ってみると、以前の先生から息子さんへ代替わりをしていたし、色々と代わっていたので少々淋しかったですが、診察を終えコンタクト専門のショップを紹介され、そこで初めてコンタクト体験をして驚きました。

今までのぼんやりした視界に比べ、足元すらもしっかり見えるのです。自宅へ帰ってから外で漬物を漬けていた祖母に「すごい鮮明に見える」とおおはしゃぎして喜び、やはり目が見えるのは素晴らしいと実感しました。

カラコン通販

毛深い人こそ脱毛がおすすめ。

女性にとって毛深いことは誰でもコンプレックスに思っている人も多いと思います。
男性はそんなに気にしない事でも女性は毛深いと精神的に参る人も多いものです。
どんなにオシャレな洋服を着ていたとしても、もしも毛深ければ洋服を上手に着こせてない人も多いはずです。
露出が多い夏であれば、肌を露出することになるので、自分でムダ毛処理する人も多いはずです。
でも、街を歩いていれば美人でスタイルが良い人でもキチンとムダ毛処理を出来ておらず、微妙な人も多いですし、夏でも全く気にせずムダ毛をしていない女性もいるものです。
やはり、そういう人を電車の中で見つけるともったいないなあとも思いますし、女性としての本当の喜びを知らないのだなあと思うと可哀想に思います。
男性なら毛深かった場合、脱毛でもしないとどうにもならないですが、女性であればキチンと処理をしていれば、毛深いことを隠せるのでもったいないなあと感じてしまいます。
しかも処理をしているだけで洋服もバッチシ決まるのでなんでだろうと不思議に思ってしまいます。
そして、毛深い人が特に気を付けないといけないのは汗だと思います。
夏は汗をかきやすい時期なので、いつも以上に気を付けないと脇が汗をかいて匂ってしまうということもよくあることだと思います。
意外に脇の匂いってくさいんですよね。
しかも特徴的な匂いをしているので、気付く人は多いものです。
だから、全くむだ毛を処理していない人が、夏の通勤で満員電車で匂ってきたときは勘弁してくれと本当に感じてしまいます。
正直、それだけで仕事に行く気をなくしてしまい憂鬱な気持ちで通勤したものです。
毛深い人は、脇の毛穴が多いということなのでワキガになってしまう人も多いはずです。
そんな人は、自分でムダ毛の処理をするよりもキチンとしたサロンで永久脱毛や全身脱毛をして対処した方が良いと思います。
毛深ければその分、ムダ毛の処理もそれなりに大変なので、ちゃんと処理をすることで夏もずっと過ごしやすいはずです。

永久脱毛